当センターでの新型コロナウイルス感染症予防対策について

 平素より当センターをご利用いただきありがとうございます。
さて、当センターでは令和 2 年 5 月 1 日に発表された日本総合健診医学会、日本人間ドック学会および、 日本病院会をはじめとする人間ドック・健康診断に関連する 8 団体による合同指針「健康診断実施時におけ る新型コロナウイルス感染症対策について」に基づいて感染症対策を実施いたします。
 上記指針については実施をすれば、新型コロナウイルスへの感染を完全に防御できると保証するものでは ありませんが、いわゆる「3 密」(密閉・密集・密接)を避け、より安心、安全に受診していただくために、受 診者の皆様にもご協力いただきたく存じます。何卒、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

受診環境の確保に対しての当センターの取り組み
職員が感染源とならないための取り組み
お客様へのおねがい

下記に当てはまる方につきましては、健診の延期をお願いいたします。
また、入館時の聞き取りや診察時に判明した場合は、状況判断の上、健診の受け入れを中止させて頂きます。

  • 以下の症状がある方
    ・37.5°C以上の方、または平熱より明らかに体温の高い方
    ・咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁、鼻閉、頭痛、関節・筋肉痛、下痢、嘔気・嘔吐のある方
    ・明らかな嗅覚障害や味覚障害が急に出現した方
    ・2週間以内に発熱(平熱より明らかに高い体温や37.5°C以上)のあった方
  • 2週間以内に、法務省・厚生労働省が定める検疫強化対象国・地域への渡航歴のある方
    (およびそれらの方と家庭や職場内等で接触歴がある方)
  • 2週間以内に、新型コロナウイルスの患者やその疑いがある患者(同居者・職場内での発熱含む)と
    接触歴がある方
  • 新型コロナウイルスに感染した方で、退院後もしくは宿泊療養・自宅療養解除から、14日以内の方
  • 2週間以内に、新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」で陽性者との接触通知があった方
    ※思い当たる陽性者・有症状者との接触歴がない場合につきましても、接触の通知日から
         14日間は受診をお控えください。

2020年12月10日
PL東京健康管理センター 所長